• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

順位表

詳細

順位チーム名勝点試合数勝利引分敗戦得失
1Honda 125401+6
2青 森115320+5
3八 戸115320+5
4今 治105311+5
5V大分105311+1
6武蔵野85221+4
7奈良ク85221+2
8FC大阪75212+4
9滋 賀75212-1
10ソニー65203-1
11浦 安65131-1
12流経大55122+1
13ロック45113-3
14三 重25023-7
15 マルヤス 15014-8
16栃木ウ15014-12

08/20 21:17時点※2nd-S

得点ランキング

詳細

(セカンドステージ第5節 8/20)
順位 選手名 チーム名 得点
1大町 将梧Honda13
2石原 幸治武蔵野12
3有間 潤ソニー11
4内野 裕太ソニー9
4藤井 貴之武蔵野9
6坂本 修佑奈良ク8
6水谷 侑暉武蔵野8
8古橋 達弥Honda7
8井上 翔太郎八 戸7
8横野 純貴青 森7
8北野 純也三 重7
12栗本 広輝Honda6
12佐々木 俊輝Honda6
12ジュニーニョFC大阪6
12木匠 貴大FC大阪6
12田中 直基FC大阪6
12川西 誠FC大阪6
12須ノ又 諭FC大阪6
12桑島 良汰今 治6

(6点以上)

FC大阪のジュニーニョがハットトリック達成!

 第19回日本フットボールリーグ2nd-S第5節が8月19日(土)に2試合、20日(日)に6試合が開催された。1位の八戸と2位の今治と共に引き分け、3位のHondaが勝ち再び首位に返り咲く。
 19日(土)はホンダロックSCとソニー仙台FCが「宮崎小林」で対戦。前半9分にソニーは右CKからのボールを荻原健太が合わせ先制。しかしロックは34分に諏訪園良平がPKを決め追いつくと40分には後方からの浮き球を長谷川将が頭で決め逆転し2-1で折り返す。後半はソニーが65分に有間潤がPKを決め追いつくと76分には荻原がFKを直接決めこれが決勝点となりソニーが勝利。
 FCマルヤス岡崎とFC大阪は「名古屋港」で対戦。前半から優位に攻めるFC大阪が11分に右CKからゴール前で繋いだボールを川西誠が決め先制、その後ジュニーニョが17分に右からのミドルシュート、26分にはPKを決めて3点リードで折り返す。後半もFC大阪の猛攻は続き47分にジュニーニョがFKを直接決めハットトリック達成、65分には田中直基、90+1分には刈谷聖哉が決め計6ゴールで快勝。マルヤスは66分にFKからのボールを熊澤圭祐が頭で決め1点を返すのみで敗れた。
 20日(日)は栃木ウーヴァFCとHonda FCは「足利市陸」で対戦。前半から優位に攻めるHondaが4分に栗本広輝が相手GKのボールをインターセプトし決め先制、36分には相手GKのボールをインターセプトして繋いだボールを原田開が決めHondaが2点リードで折り返す。後半もHondaが優位に攻め、87分には縦のラインで繋いだボールを栗本が、終了間際には大町将梧が決め計4ゴールで快勝、再び首位に返り咲く。栃木ウも8本のシュートを放つがゴールを決められず敗れた。
 MIOびわこ滋賀とヴァンラーレ八戸は「東近江」で対戦。前半は互いに4本ずつのシュートを放ちチャンスを作るが決めることが出来ずスコアレスで折り返す。後半は滋賀が6本、八戸が5本のシュートを放ち決定的なチャンスを作るが互いの守備陣が体を張った守りでゴールを許さずこのまま試合終了。好調のトーム同士の対戦はスコアレスドローで勝点1ずつを分け合った。
 奈良クラブとラインメール青森は「奈良橿原」で対戦。前半16分に青森は直接FKからのボールを赤松秀哉が頭で決め先制し1点リードで折り返す。後半は奈良が56分に向慎一がPKを決めて同点に追いつくと59分には右CKからのボールを前田晃一が頭で決め逆転。しかし青森は61分にゴール前の浮き球を横野純貴が決め、86分には左CKからのボールを中筋誠が頭で決め青森が逆転勝利。
 FC今治とブリオベッカ浦安は「びんご」で対戦。前半29分に今治は縦のラインでボールを繋ぎ最後は桑島良汰が決め先制。しかし浦安も今節より加入した石坂元気が左サイドのクロスボールからゴール前で繋いだボールを決め同点とし1-1で前半を折り返す。後半は今治が14本のシュートを放ち終盤には浦安が退場者を出し数位的優位に立つも決めることができず1-1の引き分けとなった。
 ヴィアティン三重と流経大ドラゴンズ龍ケ崎は「三交鈴鹿」で対戦。前半シュート数で上回る流経大が35分に奥田陽太がドリブルで持ち込み決め先制、37分には西槇翼がゴール前で受けたボールを落ち着いて決め2点リードで折り返す。後半は三重がシュート数では9本を放ち圧倒するも決めることが出来ず逆に流経大は64分に岡崎優希がダメ押しとなるゴールを決め計3ゴールで勝利。
 東京武蔵野シティFCとヴェルスパ大分は「味フィ西」で対戦。前半シュート数で武蔵野が上回るもゴールはなくスコアレスで折り返す。後半は武蔵野が48分に相手守備の裏のスペースに抜けた石原幸治が左足で決め先制。しかし武蔵野は62分に退場者を出す。数位的優位に立つV大分は再三チャンスを作るも武蔵野守備陣が体を張った守りでゴールを許さずこのまま試合終了かと思われた90+4分にV大分はゴール前の混戦から清水大輔が決め1-1の引き分けに持ち込んだ。
 2nd-S第6節となる次節は、8月26日(土)に4試合、27日(日)に4試合が開催される。

試合の情報

セカンドステージ 第6節

8/26(土)

K/Oホームビジター試合会場
13:00ブリオベッカ浦安ホンダロックSC(柏の葉)
15:00ソニー仙台FCMIOびわこ滋賀(めぐみB)
16:00流経大ドラゴンズ龍ケ崎栃木ウーヴァFC(龍ケ崎)
18:00Honda FC東京武蔵野シティFC(都田)

8/27(日)

K/Oホームビジター試合会場
13:00ヴァンラーレ八戸FCマルヤス岡崎(ダイスタ)
13:00ラインメール青森FC今治(新青森球)
14:00ヴェルスパ大分奈良クラブ(日田)
18:00FC大阪ヴィアティン三重(J-G堺メイン)

    セカンドステージ 第7節

    9/10(日)

    K/Oホームビジター試合会場
    13:00ラインメール青森ブリオベッカ浦安(新青森球)
    13:00MIOびわこ滋賀ホンダロックSC(甲賀)
    13:00奈良クラブHonda FC(ならでん)
    13:00栃木ウーヴァFCFC大阪(小山)
    13:00FC今治ヴェルスパ大分(夢スタ)
    13:00ヴィアティン三重ヴァンラーレ八戸(東員町)
    15:00ソニー仙台FCFCマルヤス岡崎(めぐみB)
    15:00東京武蔵野シティFC流経大ドラゴンズ龍ケ崎(味フィ西)