日本フットボールリーグオフィシャルWebサイト

TOPICS

第22回日本フットボールリーグ 第26節プレビュー

 第22回日本フットボールリーグの第26節が10月31日(土)に5試合、11月1日(日)に3試合が開催される。天皇杯から中2日で望む4チームと中3日で望む1チームのコンディションが気になる今節。そろそろ優勝の可能性のあるチームも絞られてくるか?

 31日は東京武蔵野シティFCとFCマルヤス岡崎の対戦が「武蔵野」で開催。共に天皇杯からの中2日で臨むチーム同士。天皇杯は残念ながら4回戦へ駒を進めなかったチーム同士でもあるが残りのリーグ戦で少しでも順位を上げたいところだ。共に守備が堅く攻撃面ではセットプレーやカウンターが得意の面でも似たチーム同士。それだけに相手にセットプレーのチャンスを与えないことや相手のロングボールにも注意したいところ。先に前線の守備を上げボールを取りにいくのはどちらか注目したい。

 MIOびわこ滋賀とヴェルスパ大分の対戦は「東近江」で開催。10月に入り毎試合1点ずつとそろそろシーズン序盤の攻撃力を期待したい滋賀。守備で安定しているV大分相手に如何にして攻めるか注目したい。鍵はロングボールを多用したサイドからの攻撃か?天皇杯から中2日でのアウェイ戦となるV大分。コンディションが気になるところ。序盤から仕掛けてくることが予想される滋賀の攻撃に対しまず前半は無失点で抑えたいところ。選手交代のタイミングも勝敗の鍵を握るかもしれない。

 ラインメール青森とヴィアティン三重の対戦は「新青森球」で開催。残り5試合で4位とは勝点差が6の青森と7の三重。目標の4位以内にわずかな望みを繋ぎたい両チームとしては共に序盤から積極的に仕掛けてくること予想され攻守の切り替えの速い展開となるか?共にセットプレーからの失点が多いだけにその対策もしっかりしたい。青森としては天皇杯から中2日で臨む試合だけにメンバーの入れ替えもあるか?三重としては後半の選手交代のタイミングが勝利への鍵となるか?

 松江シティFCと奈良クラブの対戦は「松江」で開催。前節は攻守の首位V大分相手に3ゴールを決め攻撃陣に調子が戻ってきた感のある松江。奈良としてはシーズン序盤の下位から4位とは勝点4差に迫ってきただけにここは確実に勝点3を確保したいところ。序盤は松江に攻めさせ後半に勝負を賭ける展開となるか?松江のサイドからの攻撃を如何にして抑えるか注目したい。松江としては得点ランキングトップタイにつける酒井達麿に注目が集まりそうだ。

 高知ユナイテッドSCとテゲバジャーロ宮崎の対戦は「春野陸」で開催。前節は王者Honda相手にJFL初勝利を上げた高知。今回は派手さがないものの少ないチャンスから確実に決めてくるT宮崎に対しミスをできるだけしないことが連勝への鍵となりそうだ。4位以内をキープするT宮崎としては高知の高さ対策をしっかりしたい。特にセットプレーにおいてゴール前での空中戦を如何にして抑えるか注目したい。T宮崎としてはこの試合、前半は無理せず後半の切り札で勝負を決めるか?

 1日はソニー仙台FCとFC大阪の対戦が「めぐみB」で開催。5連勝で首位に3差まで詰めてきたソニー。昨年はFC大阪相手に2戦2勝で3-0の完勝で今回も壁となってFC大阪の野望を打ち砕くことになるか?好調の攻撃陣に期待がかかる。逆にFC大阪としては4位とは勝点4差でこれ以上離されたくないところ。一昨年のアウェイ戦ではソニー相手に序盤で連続ゴールを決めて快勝したイメージでこの試合も臨めるか?序盤から積極的に仕掛け先制点を決め優位に進めたいところだ。

 ホンダロックSCと鈴鹿ポイントゲッターズの対戦は「宮崎県」で開催。前半の立ち上がりに不安があるチーム同士の対戦。今回は互いに慎重で前半は静かな展開か?後半では攻守の切り替えの速い展開となるかもしれない。試合前のコイントスも勝敗の鍵を握るかもしれない。ロックとしてはセカンドボールを取りにくるのが上手い鈴鹿への対応が鍵。アウェイで今季1勝の鈴鹿としてはロック相手にセットプレーの機会を与えないことが勝利への鍵となりそうだ。

 いわきFCとHonda FCの対戦は「いわきGF」で開催。3連敗で4位とは勝点5差のいわきとしては今回ボールを繋いでくるHondaに対し、今までのようにシュート数で圧倒することは難しいかもしれないが序盤から積極的に仕掛けられるか注目したい。引いてくる相手ではないので守備の面でも最近の数試合とは違った形で対応が必要で、またミスもすぐ失点につながるだけに慎重なプレーがいつも以上に要求されそうだ。28日の天皇杯参戦組では唯一の中3日で臨むHonda。それでもコンディションの面では気になるところ。スタメンや選手交代のタイミングが気になるところだ。

 今季も残り5試合となり第3ウインドーも今週が最後となる。ギリギリで入団した選手の起用が結果として結びつくのはどのチームか?今節はこのあたりにも注目したい。