MAIN MENU
トップページ
リーグ紹介
大会情報
スタジアム
チーム一覧
過去の全記録
オフィシャルスポンサー
UMBRO
サポーティングカンパニー
ANA
日本トップリーグ連携機構
toto・BIG
 
TOPICS戻る
第13回JFL前期第10節「ホンダロックSCが首位をキープ!」 2011/05/08

 前期第10節が5月7日(土)に1試合、8日(日)に7試合開催された。

 7日は横河武蔵野FCとアルテ高崎が「武蔵野」で対戦。前線から積極的にプレスをかけ攻める高崎が前半35分に左からのクロスボールに山田裕也が頭で合わせ先制。後半は互いにチャンスを作るが決めることができず、高崎が今季初勝利。シュート数が高崎の16本に対し5本というように武蔵野は得意のパス回しが出来ず攻撃に精彩を欠いた。

 8日は佐川印刷SCとAC長野パルセイロが「西京極」で対戦。全体的に優位に攻めたのは長野だったが再三の決定機に決められず。逆に終盤、佐川印刷は20分に中筋誠、81分に中島清登と立て続けにゴールを決め2-0で勝利。長野は終盤での守備に課題を残した。

 ブラウブリッツ秋田とHonda FCは「仁賀保」で対戦。前半から優位に進めたHondaがは14分に伊賀貴一がゴールを決め1点リードで前半を折り返す。後半秋田もチャンスを作るがHondaDF陣を崩せず、逆にHondaは80分に中川裕平がダメ押しとなるゴールを決め勝利。2位に浮上した。4試合連続ゴールを目指した秋田の松田正俊はこの試合は3本のシュートを放つも決められず。

 FC琉球とSAGAWA SHIGA FCは「沖縄市陸」で対戦。琉球は前半22分に永井秀樹が決め先制し前半リードで折り返す。後半53分には高橋駿太が決め2点リード。SAGAWAもペナルティーキックを決め1点返すがこの日の琉球は前節で崩壊した守備をしっかり立て直してSAGAWAの反撃を許さずホーム連勝。

 MIOびわこ草津とカマタマーレ讃岐は「東近江」で対戦。前半は互いに譲らずスコアレス。後半57分びわこは阪本晃司が決め先制。讃岐も71分にコーナーキックから野口遼太が決め同点にするが2分後びわこは半田武嗣が決勝点となるゴールを決めびわこが今季初勝利で最下位脱出。

 ホンダロックSCとジェフリザーブズは「宮崎市」で対戦。ロックは前半14分に悦田嘉彦、38分に首藤啓祐が決め2点リードで前半を折り返す。後半になるとジェフが反撃。しかし再三のチャンスもロックDF陣がしっかり守りきり2-0の勝利で首位をキープ。ジェフは最下位へ。

 松本山雅FCとV・ファーレン長崎は「松本球」で対戦。松本は今季初先発の一昨年の得点王、塩沢勝吾が前半終了間際に決め1点リードで折り返す。しかし後半長崎は74分に有光亮太が決め同点。その後は互いにチャンスに決められず1-1の引き分け。

 ツエーゲン金沢と町田ゼルビアは「金沢市民」で対戦。攻撃面で勝る町田がやや優位に攻めるも前半はスコアレスで折り返す。後半66分鈴木崇文が技ありのゴールで先制。しかし金沢も81分にペナルティーキックを得るとこれを久保が決め同点。終了間際に町田に退場者が出ると金沢は数位的有利となり決定機的なチャンスを作るが決められず結局1-1の引き分け。勝点1ずつを分け合った。

 4節を終了しロックが3勝1分けの勝点10で首位をキープ。次節(前期11節)は、5月14日(土)に2試合、15日(日)に6試合が行われる。