MAIN MENU
トップページ
リーグ紹介
大会情報
スタジアム
チーム一覧
過去の全記録
オフィシャルスポンサー
UMBRO
サポーティングカンパニー
ANA
日本トップリーグ連携機構
toto・BIG
 
TOPICS戻る
第91回天皇杯全日本サッカー選手権大会1回戦プレビュー 2011/09/02

■天皇杯1回戦日程(JFLチーム参加試合)
【 】は、マッチナンバー

【2】9/3(土)13:00 栃木市総合運動公園陸上競技場(栃木市)
栃木ウーヴァFC(栃木) - 柏レイソルU-18(千葉)

 栃木ウーヴァFCは柏レイソルU-18と対戦。柏は若いチームだけに前半から積極的に攻撃を仕掛けてくることが予想されるこの試合。栃木としては先取点を与え勢いづかせたくないところだろう。栃木は前半では守りを固め様子を見て後半に一気に勝負をかけることになるか?

【3】9/3(土)13:00 山梨中銀スタジアム(中銀スタ)
山梨学院大学付属高校(山梨) - 町田ゼルビア(東京)

 町田ゼルビアは山梨学院大学付属高と対戦。個々のレベル等全てにおいて町田の優位はゆるぎないものと予想できる。町田の注意点は最近立ち上がりで失点すること。相手も若い学生だけに開始早々から積極的に攻めてくることが予想されるだけにこの点を注意すれば順当に勝利を掴むことだろう。
 
【4】9/14(水)18:00 とりぎんバードスタジアム(とりスタ)     
米子北高校(鳥取) - カマタマーレ讃岐(香川)

 カマタマーレ讃岐は米子北高校と対戦。町田同様に個々のレベル等全てにおいて讃岐の優位はゆるぎないものと予想できる。讃岐は最近はカウンターからの失点が目立つだけにその点は注意したい。先取点が取れれば大量得点も予想される
※台風12号の影響により9月14日(水)18:00に順延

【6】9/3(土)16:00 松本平広域公園総合球技場アルウィン(松本球)
松本山雅FC(長野) - 丸岡フェニックスSC(福井)
 
 松本山雅FCは北信越リーグ時代に対戦した丸岡フェニックスSCと対戦。その当時とは違い個々の能力、チーム戦術とも松本が上回るため、よほどのことがない限り取りこぼしをするとは思えないが相手のカウンター攻撃には注意したいところ。ホームスタジアムで戦うことからも無様なサッカーは見せられない。

【16】9/4(日)15:00 福山市竹ケ端運動公園陸上競技場(福山)
広島経済大学(広島) - ツエーゲン金沢(石川)

 ツエーゲン金沢は中国大学リーグの広島経済大学と対戦。金沢は相手の守りを固めてボールを奪ってからのスピードのあるカウンター攻撃に注意したい。その点がしっかり対処でき、前半のうちに先取点を取れれば現在の金沢の攻撃力であれば大量得点での勝利も予想される。
※台風12号の影響により9月4日(日)15:00に順延

【8】9/4(日)13:00 秋田市八橋運動公園陸上競技場(秋田陸)
ブラウブリッツ秋田(秋田) - 山形大学医学部(山形)

 ブラウブリッツ秋田は山形大学医学部と対戦。都道府県代表決定戦では苦戦したものの本来の力からすれば秋田の優位は間違いないところ。調子を上げてきた昨年のJFL得点ランキング2位の松田正俊やその他の攻撃陣が格の違いを見せつけ大量得点を取る試合となるかもしれない。

【9】9/4(日)13:00 桃源郷運動公園陸上競技場(桃源郷)
アルテリーヴォ和歌山(和歌山) - 佐川印刷SC(京都)
 
 佐川印刷SCは関西社会人リーグ2部のアルテリーヴォ和歌山と対戦。リーグ戦では今季はなかなか波に乗れない佐川印刷。京都府予選でも準決勝で苦戦するなど未だ調子が上がらず。それでも決勝戦では平井晋太郎、桜井正人らFWがゴールを決めておりこの勢いでこの試合は大量得点での勝利を目指す。秋の戦いに向けて能力の違いを見せつけたいところだ。

【10】9/4(日)13:00 群馬県立敷島公園サッカー・ラグビー場(群馬サ)
アルテ高崎(群馬) - Y.S.C.C.(神奈川)
 
 1回戦注目のカードといっても過言でないこの対戦。全国地域サッカーリーグ決勝大会2年連続4位とJFL昇格まであと一歩のところまで迫っているY.S.C.C.が現在JFL暫定16位の高崎相手にどこまでやれるのか注目。ただし高崎は昨年の地域リーグとの入れ替え戦でも3位のチーム相手に力の差を見せつけて快勝。群馬県予選でも関東リーグ6位のチームを破った草津U-23相手に快勝しておりここでもJFLとのレベルの違いを見せつけたいところだ。

【13】9/4(日)13:00 高槻市立萩谷総合公園サッカー場(高槻萩谷)
阪南大学(大阪) - SAGAWA SHIGA FC(滋賀)

 SAGAWAは関西大学1部リーグの阪南大学と対戦。JFL首位のSAGAWAといえども相手は昨年の関西大学リーグ1位のチーム。慎重な立ち上がりで試合序盤に失点しないように注意したい。前半に失点をしなければ後半は粘り強いサッカーで勢いのある大学生相手でも確実に勝利を掴めるはずだ。

【18】9/4(日)15:00 沖縄市陸上競技場(沖縄市陸)
海邦銀行SC(沖縄) - V・ファーレン長崎(長崎)

 V・ファーレンン長崎は九州リーグ時代に対戦した海邦銀行SCと対戦。前記の松本同様にその当時とは違い個々の能力、チーム戦術とも長崎が上回るため、こちらもよほどのことがない限り取りこぼしをするとは思えない。特に調子を上げてきた攻撃陣が大量得点を狙って積極的にゴールを狙ってシュートを放つことだろう。

【20】9/4(日)13:00 盛岡南公園球技場(盛岡南)
グルージャ盛岡(岩手) - ソニー仙台FC(宮城)

 ソニー仙台FCは東北社会人リーグ1部のグルージャ盛岡と対戦。いまだ今季勝利のないソニーにとってはここで勝って勢いをつけて後半に臨みたい。しかし相手の盛岡も来季のJFL昇格を狙っているだけに油断のできない相手だ。特に今回は戦いなれた地元会場(盛岡のサポーターも多く来場される)だけに相手のソニーも完全アウェイでの戦いが待っている。