MAIN MENU
トップページ
リーグ紹介
大会情報
スタジアム
チーム一覧
過去の全記録
オフィシャルスポンサー
UMBRO
サポーティングカンパニー
ANA
日本トップリーグ連携機構
toto・BIG
 
TOPICS戻る
第91回天皇杯全日本サッカー選手権大会 2回戦第1日 2011/10/08

■2回戦の結果
【 】は、マッチナンバー、得点時間後ろの( )数字は背番号


【27】10/8(土)13:00 柏の葉公園総合競技場(柏の葉)
 柏レイソル(J1) 2-0(前半1-0) 栃木ウーヴァFC(栃木)
 失点:4分、59分

 栃木ウーヴァFCは柏レイソル(J1)と対戦。前半4分に先制され、1点ビハインドで折り返した栃木。後半の59分にも決められ2点差。何度かチャンスを作った栃木ウも柏の安定した守備の前にゴールならず2-0で敗れた。


【28】10/8(土)15:00 山梨中銀スタジアム(中銀スタ)
 ヴァンフォーレ甲府(J1)2-1(前半2-0) 町田ゼルビア(東京)
 町田得点者:51分(17)鈴木崇文
 失点:6分、36分

 町田ゼルビアはヴァンフォーレ甲府(J1)と対戦。前半6分、36分に決められ2点ビハインドで折り返すと、後半はやや優位に攻め51分に鈴木崇文が決め1点を返す。その後も再三チャンスを作るが決めることができず。昨年に続いてのJクラブ撃破とはならなかった。


【30】10/8(土)13:00 栃木県グリーンスタジアム(栃木グ)
 栃木SC(J2)2-1(前半1-0) ホンダロックSC(JFLシード)
 ロック得点:60分(6)前田悠佑
 失点:18分、70分

 ホンダロックSCは栃木SC(J2)と対戦。ボールの支配率はほぼ互角の展開。ロックは積極的にゴールを狙ったが再三の決定機に決められず、逆に栃木に先制され1点ビハインドで折り返す。後半の60分に前田悠佑が左からのクロスボールに頭で合わせゴール。一度は同点に追いついたが70分に栃木に決められ2-1で敗れた。


【32】10/8(土)14:00 松本平広域公園総合球技場アルウィン(松本球)
 横浜FC(J2)0-2(前半0-0) 松本山雅FC(長野)
 松本得点者:53分(11)片山真人、55分(32)船山貴之(PK)

 松本山雅FCは横浜FC(J2)と対戦。11,510人が来場したスタジアム。前半はスコアレスで折り返すと後半の53分に片山真人が決め先制。更に55分にも船山貴之がペナルティキックを決め2点差。松本はこのリードを守り、一昨年に続きJクラブを撃破。格上との対戦とはいえ、シュート数で横浜FC10本、松本16本が示す通り、多くのサポーターがいる戦いなれたスタジアムではそれを跳ね返すだけの力があることを証明した。
 
 
【35】10/8(土)13:00 NDソフトスタジアム山形(NDスタ)
 モンテディオ山形(J1)2-0(前半2-0) ブラウブリッツ秋田(秋田)
 失点:23分、38分

 昨年に引き続きブラウブリッツ秋田はモンテディオ山形(J1)と対戦。シュート数が山形11本、秋田が7本。特に後半はほぼ互角のシュート数で再三のチャンスを作った秋田も決めることができず。前半の2失点が響き今年も敗れた。


【37】10/8(土)15:00 等々力陸上競技場(等々力)
 川崎フロンターレ(J1)2-1(前半0-0)(後半1-1)(延前1-0)(延後0-0) アルテ高崎(群馬)
 高崎得点者:69分(19)土井良太
 失点:61分、105分

 アルテ高崎は川崎フロンターレ(J1)と対戦。前半はスコアレス。後半の61分に先制されるが高崎は69分に土井良太が相手GKのクリアボールを押し込み同点。試合は延長戦へ。しかし延長前半、川崎の猛攻の前に105分に失点。延長後半、チャンスを作った高崎だったが決めることができず試合終了。2004年以来のJ1撃破とはならなかった。


【45】10/8(土)15:00 コカ・コーラウエスト広島スタジアム(広島ス)
 サンフレッチェ広島(J1)4-2(前半3-2) ツエーゲン金沢(石川)
 金沢得点者:15分(8)山根巌、23分(2)平林輝良寛
 失点:2分、30分、45+2分、86分

 ツエーゲン金沢はサンフレッチェ広島(J1)と対戦。開始早々広島に先制されるが、金沢は15分に山根巌、23分に平林輝良寛が決め逆転。しかしその後は2点返され、前半を1点ビハインドで折り返す。後半シュート数(広島7本、金沢9本)で上回る金沢だったが、PKを外すなど再三の決定機に決められず、逆に86分に広島の佐藤寿人にこの日2点目となるゴールを決められ4-2で敗れた。


【46】10/8(土)15:00 ニンジニアスタジアム(ニンスタ)
 愛媛FC(J2)2-0(前半1-0) FC琉球(JFLシード)
 失点:27分、71分

 FC琉球は愛媛FC(J2)と対戦。琉球は前半ほぼ互角も27分に先制され1点ビハインドで折り返す。後半は愛媛優位の展開となり71分にダメ押しとなるゴールを決められ2-0で敗れた。琉球も再三チャンスを作るが相手の堅い守備の前にゴールならず。


【51】10/8(土)15:00 ユアテックスタジアム仙台(ユアスタ)
 ベガルタ仙台(J1)2-1(前半0-0)(後半1-1)(延前0-0)(延後1-0) ソニー仙台FC(宮城)
 ソニー得点者:79分(25)谷池洋平
 失点:74分(PK)、114分(PK)

 ソニー仙台FCはベガルタ仙台(J1)と対戦。前半はスコアレス。仙台に74分ペナルティキックを決められ1点先制されるが、79分にソニーは谷池洋平が決め同点。そして90分で勝負がつかず2年連続の延長戦へ。延長前半はスコアレスで折り返したものの114分に今日2度目のペナルティキックを与えてしまい、これを決められる。結局これが決勝点となり昨年の再現はならなかった。