MAIN MENU
トップページ
リーグ紹介
大会情報
スタジアム
チーム一覧
過去の全記録
オフィシャルスポンサー
UMBRO
サポーティングカンパニー
ANA
日本トップリーグ連携機構
toto・BIG
 
TOPICS戻る
第14回日本フットボールリーグ記者会見開催 2012/03/05

 開幕を直前に控えた2012年3月5日(月)日本フットボールリーグでは、記者会見を開催いたしました。
 会見には全チームの監督が出席し、それぞれ今シーズンの目標などをお話しいただきました。
 3月11日(日)開幕の第14回日本フットボールリーグに、どうぞご期待下さい!


□監督コメント

■SAGAWA SHIGA FC 中口雅史 監督
 今シーズンのチームの目標は、3度目のチャレンジとなりますが連覇を目指して頑張りたいと思います。その連覇に向けてスタッフともに覚悟を決めて戦いと思いますので、応援よろしくお願いします。


■AC長野パルセイロ 薩川了洋 監督
 去年は初年度で2位という成績を取りましたが、また今年も上位に食い込めるようなチームを作ったつもりでいます。ぜひ今年はSAGAWA SHIGA FCや、その他のチームを一番上から見下ろせるようにトップを目指して頑張りたいと思います。
 謙虚にチャレンジ精神を忘れずに一戦一戦戦いと思いますので今年もよろしくお願いします。


■V・ファーレン長崎 佐野達 監督
 今年はJリーグ昇格に向けて大切な年、勝負の年だと思っております。
 優勝目指して戦いと思います。


■Honda FC 前田仁崇 監督
 ここ数年あまりいい成績を残せていないのでチーム一丸となってJFL優勝を目指して頑張ります。
 よろしくお願いします。


■ツエーゲン金沢 森下仁之 監督
 我々も将来的には(Jリーグ)昇格を目指しているクラブであります。ただ現状では準加盟申請において大変厳しい状況ですが何とか一年を通じて上位に食い込んで地元に昇格の気運を保てるように頑張りたいと思います。
 チームの方ですが先週から外で練習、トレーニングができるようになりました。ちょっと出遅れた感がありますが、開幕戦(第1節)では試合がないことで一週間いい準備ができると思うので、希望と自信に満ちた選手を(初戦の第2節に)送り出さたらなあと思っています。
 一年間よろしくお願いします。


■ホンダロックSC 城和憲 監督
 昨年は8位という今までのホンダロックSCの歴史において最高の順位を収めることができました。
 しかし後半戦はだいぶ失速してこの結果であったことから、それがしっかりと(本来の)実力だととらえて、今季は少しでも上を目指せるように頑張っていきたいと思います。
 よろしくお願いします。


■FC琉球 松田岳夫 監督
 今シーズンから指揮を採ることになりました。
 FC琉球もJリーグを目指しています。まだJリーグ準加盟クラブでありませんが、今年はその為の第一歩になるべく年だと思っています。
 今年度は新加入選手11名を迎え、今までとは違う新たな琉球、そういうものを目指してチャレンジの気持ちで頑張っていきたいと思っています。
 よろしくお願いします。


■栃木ウーヴァFC 横浜誠 監督
 栃木ウーヴァFCは環境的にはまだまだ厳しいチームであります。ただ選手たちはピュアでひたむきさが伝わってくる選手が多く在籍しています。それを武器として結束し昨年以上の成績を残したいと思っています。
 一年間よろしくお願いします。


■カマタマーレ讃岐 北野誠 監督
 「うどん県」です(笑)。
 一戦一戦戦っていって最終的にホームタウンの香川県を元気にしたいと思います。
 よろしくお願いします。


■佐川印刷SC 中森大介 監督
 今年はチームとして勝点65以上という目標を掲げています。今年この目標を達成できるようにチーム一丸となって頑張っていきたいと思います。
 一年間よろしくお願いします。


■MIOびわこ滋賀 東広樹 監督
 私たちのクラブは、Jリーグ準加盟クラブや企業チームと比べるとまだまだ環境面やその他もろもろ大変なところがありますが、今の戦力でできるだけ戦っていきたいと思っています。
 初めてシーズン最初から指揮を採らせてもらう若い(監督)ということで、経験も浅いですが、上位に食い込めるように頑張っていきたいと思います。
 よろしくお願いします。


■ブラウブリッツ秋田 横山雄次 監督
 秋田も将来的にJリーグを目指しているチームです。Jリーグ準加盟クラブにはまだなっておりませんが、どうにかひたむきに全力で戦う試合を秋田の皆さんに見ていただき、Jリーグ昇格への気運を今年高められるように頑張っていきたいと思います。
 よろしくお願いします。


■横河武蔵野FC 依田博樹 監督
 我々のチームのスローガンは今年は「V」ということで、一つでも多くの勝利とそして「V字復帰・復活」というこのテーマを掲げています。
 昨年は震災の影響から、通常夜に実施する練習が出来ず、昨年は朝に練習を実施し、改めて今までが非常に恵まれた環境であったことを感じた一年でもありました。
 本年は、このありがたさを感じながら一生懸命戦って行きたいと思います。
 どうぞよろしくお願いいたします。


■ソニー仙台FC 石川雅人 監督
 昨シーズン震災の影響により後期からの参戦という特例措置、復興支援試合6試合という特例措置にご理解いただきまして誠にありがとうございました。
 またリーグをはじめ、各チームの方々からたくさんのご支援をいただきまして改めて感謝を申し上げたいと思います。
 今季はその感謝の気持ちを胸に、一試合一試合全力でプレーして地元の会社、地域の方々に少しでも明るい話題を届けられるように頑張っていきたいと思います。
 一年間よろしくお願いいたします。


■Y.S.C.C. 鈴木陽平 監督
 JFL初参戦ということで厳しい戦いが続くと思いますが、一試合一試合全力でJFLに旋風を巻き起こせるように頑張りたいと思います。
 たっぷりゴール決められないように頑張りたいと思います。
 よろしくお願いします。


■藤枝MYFC 齊藤俊秀 監督
 今日、この場にいられることを心から感謝しています。
 個人的には約4季ぶりに3月からの開幕を迎えられることに心躍らしています。
 このように素晴らしい監督さん方、そしてすばらしいチームの中で、今年は切磋琢磨できることに心から感謝して、我々チームの行動指針である「紳士たれ」を前面に貫き一年間「藤枝MYFC、ここにあり!」という戦いを全うしていきたいと思います。
 どうぞよろしくお願いします」。


■HOYO大分 結城治男 監督
 地域に愛されるクラブを作っていきたいと思います。
 よろしくお願いします。


→ JFLオフィシャルモバイルサイトでは、記者会見後の懇親会に各チームがお菓子を紹介しています。
 http://jfl-info.mobi/