MAIN MENU
トップページ
リーグ紹介
大会情報
スタジアム
チーム一覧
過去の全記録
オフィシャルスポンサー
UMBRO
サポーティングカンパニー
ANA
日本トップリーグ連携機構
toto・BIG
 
TOPICS戻る
第14回JFL第10節「栃木ウーヴァFC vs AC長野パルセイロ」試合の取り扱いについて 2012/05/17

 5月6日(日)、雷により前半終了後、30分の中断を経て試合中止となりました 『第14回JFL 第10節 栃木ウーヴァFC vs AC長野パルセイロ』の試合取り扱いについて、下記の通り決定しましたのでお知らせいたします。

中止となった試合
○第14回日本フットボールリーグ 第10節 栃木ウーヴァFC vs AC長野パルセイロ
○日時:2012年5月6日(日) 13:00キックオフ
 ※雷のため、キックオフ時刻を1時間遅らせ14:00キックオフで実施
○会場:栃木市総合運動公園陸上競技場(栃木市)
○中止理由:
 試合前から鳴っていた雷が、前半終了後30分の中断を経ても鳴りやむ可能性が低いことから、来場客、選手、スタッフの安全確保が困難と判断したため。
 ※【JFL規約】第63条〔試合の中止の決定〕(注1)による


当該試合の取り扱いについて
 JFLでは試合経過等を総合的に判断した結果、90分間の再試合することが決定いたしました。
 再試合の概要は下記の通りとなります。

《第14回JFL 第10節 栃木ウーヴァFC vs AC長野パルセイロ 再試合について》
 開 催 日:2012年6月20日(水)
 再開時刻:13:00
 試合会場:栃木市総合運動公園陸上競技場(栃木市)


[実施要項]
 再試合については、全て一から始めるものとする。
○プレー時間:
 90分(前半45分、後半45分)+アディショナルタイムのプレー時間とする。
○登録および出場選手:
 再試合時点での出場可能な登録選手
○記録
 中止時点での以下記録を適用しない。
[スコア] 栃木ウーヴァFC 0-0 AC長野パルセイロ
[得 点] なし
[警 告] 14分 栃木ウ (15)岸田茂樹 理由:反スポ
[退 場] なし


再試合チケットの取り扱いについて
(取り扱い原則)
(a)5月6日(日)開催試合のチケットの半券は、6月20日(水)栃木市総合運動公園陸上競技場での再試合でも有効になります。
(b)再試合をご観戦にならない方には、チケット金額の全額を 返金します。
(c)6月20日(水)開催試合のチケットをお持ちでない観戦希望の方には、新たにチケットを販売します。※チケットの新規発売に関しては、栃木ウーヴァFC事務局までお問い合わせください。

【購入されたチケットの取り扱いについて】
(a)5月6日(日)チケットでの観戦について
 5月6日(日)に開催された試合の半券(チケット)は再試合でも有効となり、当日ご提示いただくことで入場できます。お持ちの半券は、大切に保管いただきますようお願いいたします。
 汚損などの理由で判別の難しいチケットについては、再試合当日、当日券受付にお持ちください。半券内容が判別できないチケットのままでは、ゲートから入場することはできません。

(b)払い戻しについて
 再試合をご観戦にならない方には、チケット金額の全額 返金します。
 払い戻しをご希望の場合は、お手数ではございますが以下の方法にて払い戻しの手続きをお願いいたします。
 なお、払い戻しの手続きにはチケット(半券)が必ず必要となります。
 半券を紛失したり、甚だしく汚損するなど判別し難い場合には、払い戻しできない場合がありますのであらかじめご了承ください。
 チケットを払い戻しされる場合は、栃木ウーヴァFC事務局での払い戻しになります。

○払い戻し方法
(受付方法)
 チケット(半券)と返金振込先の銀行口座の銀行名・支店名・口座名(普通または当座)・口座番号・口座名義人(フリガナ)、電話番号、住所を明記したメモを同封の上、下記の宛先まで必ず定形郵便の特定記録郵便(上限300円まで)にてお送りください。
 ゆうちょ銀行の場合は、銀行振込用の店名・預金種目・口座番号をご記入ください。(6月8日必着)
〈送り先〉
 〒328―0062 
 栃木県栃木市泉川町467―1 『栃木ウーヴァFC払戻係』宛
 TEL:0282―51―9346
(受付期間)
 5月30日(水)~6月8日(金)まで
 払戻期間を過ぎますと、払戻しができなくなりますのでご注意ください。
 払戻金額は、チケット金額、お客様の発送料、振込手数料を負担させて頂きます。
 払戻金額のお振込は6月下旬を予定しております。
 お送りいただいたチケット(半券)は、返却できません。


《注釈説明》
(注1)=【JFL規約】第63 条[試合の中止の決定]
「試合の中止は、主審が、マッチコミッショナーおよびホームチームおよびアウェイチームの運営委員(運営委員代理)の意見を参考のうえ決定する。ただし、主審が到着する前にやむを得ない事情により試合を中止する場合は、マッチコミッショナーおよびホームチームの運営委員が協議のうえ決定する。