MAIN MENU
トップページ
リーグ紹介
大会情報
スタジアム
チーム一覧
過去の全記録
オフィシャルスポンサー
UMBRO
サポーティングカンパニー
ANA
日本トップリーグ連携機構
toto・BIG
 
TOPICS戻る
第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会2回戦 2012/09/09

■2回戦の結果
【 】は、マッチナンバー、得点時間後ろの( )数字は背番号

【27】9/8(土)13:00 札幌厚別公園競技場(札幌厚別)
 コンサドーレ札幌(J1) 1-1 AC長野パルセイロ(長野)
 (前半 0-1)
 (後半 1-0)
 (延長前半 0-0)
 (延長後半 0-0)
 (PK 3-5)
 長野得点者:8分(19)向慎一
 失点:69分

 AC長野パルセイロはJ1のコンサドーレ札幌と対戦。前半8分に長野は向慎一がフリーキックを直接決め先制し前半を1点リードして折り返す。後半69分に札幌が直接フリーキックから上原慎也にダイレクトで合わせられ同点となり延長戦へ。延長に入ると97分に長野は退場者を出し数的不利に。しかし何とか札幌の猛攻をしのぎPK戦へ。PK戦は5人全員が決めた長野に対し、札幌は3人目が決めることができず激戦の末、長野がJ1の札幌を破る快挙を達成した。

【28】9/9(日)13:00 味の素スタジアム(味スタ)
 FC東京(J1) 0-1(前半0-0) 横河武蔵野FC(東京)
 武蔵野得点者:90+2分(7)岩田啓佑

 横河武蔵野FCは昨年の覇者であるJ1のFC東京との東京対決。前半を無失点で抑えればという予定通りに前半をスコアレスで折り返す。後半90分での決着を狙うFC東京は早々と3人の交代枠を使い勝負に出るが、武蔵野は体を張った守りでゴールを許さず。このまま延長戦かとも思われた終盤に武蔵野はフリーキックのチャンス。40mはあるかと思われた距離を岩田啓佑が直接決め、これが決勝点となり武蔵野が天皇杯でJクラブに初勝利。昨年の覇者を破る快挙を成し遂げた。

【31】9/8(土)13:00 姫路市立陸上競技場(姫路)
 ヴィッセル神戸(J1) 1-2(前半1-1) SAGAWA SHIGA FC(滋賀)
 SAGAWA得点者:11分(14)嶋田正吾、55分(26)清原翔平
 失点:42分

 SAGAWA SHIGA FCはヴィッセル神戸(J1)と対戦。前半11分にSAGAWAは相手のボールをインターセプトし、そのボールを受けた嶋田正吾が決め先制。しかし神戸も42分に右コーナーキックから頭で合わせ同点とされ前半を折り返す。しかし後半シュート数で上回るSAGAWAは右からのショートコーナーからのクロスボールに清原翔平が頭で合わせ、これが決勝点となりSAGAWAが大金星。


【32】9/9(日)13:00 フクダ電子アリーナ(フクアリ)
 ジェフユナイテッド千葉(J2) 1-0(前半1-0) V・ファーレン長崎(JFLシード)
 失点:36分

 V・ファーレンン長崎はジェフユナイテッド千葉(J2)と対戦。長崎は前半36分にジェフに決められ前半1点ビハインドで折り返す。後半もジェフが追加点を狙って攻めてくるがこれを許さず。逆に何度かチャンスを作った長崎だったがジェフの堅い守りの前にゴールを割ることができず、このまま逃げ切られた。


【33】9/8(土)13:00 ユアテックスタジアム仙台(ユアスタ)
 ベガルタ仙台(J1) 1-0(前半1-0) ソニー仙台FC(宮城)
 失点:39分

 ソニー仙台FCはベガルタ仙台(J1)と3年連続2回戦での対戦。39分に左サイドを起点にした攻撃からベガルタに先制され前半を折り返す。ソニーは後半シュート数でほぼ互角も決定機に決めることができずこのまま試合終了。一昨年のようなジャイアンキリングとはならず。


【35】9/9(日)13:00 熊谷スポーツ文化公園陸上競技場(熊谷陸)
 大宮アルディージャ(J1) 2-0(前半1-0) ブラウブリッツ秋田(秋田)
 失点:45+4分、68分

 ブラウブリッツ秋田はJ1の大宮アルディージャと対戦。前半は守りを固めて挑んだ秋田だったが終了間際に大宮のカルリーニョスに決められ前半1点ビハインドで折り返す。後半の秋田はシュート数ゼロが示す通り一方的な展開となり68分に追加点を決められ完封負けとなった。


【37】9/8(土)13:00 ニッパツ三ツ沢球技場(ニッパ球)
 横浜F・マリノス(J1) 4-2(前半1-0) Y.S.C.C.(神奈川)
 YSCC得点者:66分(8)吉田明生、90+3分(10)辻正男
 失点:33分、52分、69分、86分

 Y.S.C.C.は横浜F・マリノス(J1)と横浜決戦。前半から横浜FMに圧倒され33分に小野裕二に決められ1点リードされ前半を折り返す。後半52分に決められたYSCCだったが66分に吉田明生が決め1点を返す。しかし底力で上回る横浜FMにその後2点を決められ4失点。しかしYSCCも終了間際に辻正男が左からのクロスボールに頭で決め意地を見せたが健闘むなしく敗れた。


【43】9/9(日)13:00 ベストアメニティスタジアム(ベアスタ)
 サガン鳥栖(J1) 0-1(前半0-0) カマタマーレ讃岐(香川)
 讃岐得点者:90+2分(11)西野泰正

 カマタマーレ讃岐はJ1のサガン鳥栖と対戦。鳥栖が優位に攻めるも讃岐は安定した守りでゴールを割らせず、特に最大のピンチであった鳥栖のPKチャンスを瀬口拓弥が止めるなど鳥栖を完封。逆に終了間際に西野泰正が決め讃岐がジャイアントキリング達成。


【48】9/8(土)13:00 味の素フィールド西が丘(味フィ西)
 東京ヴェルディ(J2) 3-0(前半2-0) HOYO大分(大分)
 失点:18分、32分、90+4分

 HOYO大分は東京ヴェルディ(J2)と対戦。前半から優位に攻める東京Vが18分、32分に決め折り返す。後半はHOYOも時折チャンスを作るが東京Vの安定した守りの前にゴールならず。逆に後半も圧倒的に攻め込まれ終了間際にも決められ3失点の完封負け。


■JFL4チーム、天皇杯3回戦対戦カード【 】はマッチナンバー
【58】10/10(水)19:00 札幌厚別公園競技場(札幌厚別)
 AC長野パルセイロ(長野)横河武蔵野FC(東京)

【60】10/10(水)19:00 ホームズスタジアム神戸(ホームズ)
 SAGAWA SHIGA FC(滋賀)-ジェフユナイテッド千葉(J2)

【66】10/10(水)19:00 佐賀県総合運動公場陸上競技場(佐賀)
 カマタマーレ讃岐(香川)-浦和レッズ(J1)