日本フットボールリーグオフィシャルWebサイト

概要

名 称 日本フットボールリーグ
(英語表記) JAPAN FOOTBALL LEAGUE
法人名 一般社団法人 日本フットボールリーグ
略 称 JFL
所在地 〒113-8311
東京都文京区サッカー通り(本郷3丁目10番15号)
JFAハウス7階 公益財団法人 日本サッカー協会内
TEL:03-3830-1840
FAX:03-3830-1847


 「日本フットボールリーグ」(JAPAN FOOTBALL LEAGUE、略称:JFL)は、日本サッカーの普及・発展に大きく寄与した日本サッカーリーグ(1965~92年)、ジャパンフットボールリーグ(1992~98年)を受け継いで、1999年春に9チームが参加してスタートしました。

 そして2ステージ制を採用し3年目となる昨年の第18回JFLは、一昨年に続き両ステージとも1位のチームが最終節の試合が終わるまで決まらない大接戦となり最後まで緊張感ある戦いとなりました。

 その結果、ファーストステージは流通経済大学サッカー部の学生で構成されている流経大ドラゴンズ龍ケ崎が、最終節で首位決戦となったFC大阪との直接対決を制し1位になりました。セカンドステージは、最終節まで3チームに1位の可能性がありましたが、前節まで首位のHondaFCが最終戦で一度は逆転されましたが89分に決勝のゴールを決め勝利、1位となりました。若い学生チームと長年の歴史を誇る企業チームの対戦となったチャンピオンシップにおいては第1戦で前半HondaFCが2点リードで折り返すものの流経大ドラゴンズ龍ケ崎が後半に追いつき2-2の引き分けに持ち込みました。そして決着戦をつける第2戦では、HondaFCが後半に決勝点を決め1-0で勝ち通算1勝1分けでHondaFCが2年ぶり6度目の優勝を決めました。

 第19回の今シーズンは「FC今治」、「ヴィアティン三重」の2チームが新たに入会。昨シーズン3位の「アスルクラロ沼津」がJ3に戦いの場を移し、第16回大会より3年間にわたりJFLで活動した「ファジアーノ岡山ネクスト」が退会。これにより計16チームがアマチュアサッカーの頂点を目指して戦います。

 そして、今シーズンも大会方式をファーストステージ、セカンドステージとしてそれぞれ1回戦総当たりのリーグ戦を行い、各ステージで1位チームを決めます。年間優勝は、両ステージの1位チームが対戦するチャンピオンシップで決定します。今シーズンのキャッチフレーズである「楽しむヤツが勝ち!」が表すとおり、自分たちの理想を実現し目標を達成した結果、それぞれのステージを制し最後に頂点に登り詰めるのはどのチームか、最後まで興味が尽きないシーズンとなることを期待します。
 また、リーグとして毎年目標としている「異議による警告を受けない」こと、JFLに関わる人々へ(サッカーに関わる皆さんと共に)「リスペクト」の気持ちを大切にし、スタジアムに来場するファン・サポーターのみならず試合映像を見ても「楽しんで」もらえるような試合を北は青森県から南は宮崎県まで各試合会場にて繰り広げていきたいと思います。

JFLでは企業チーム、Jリーグ入会を目指すクラブ、地域のアマチュアクラブなど、さまざまな人々が関わり、いろいろなチームがしのぎを削っています。そこには、それぞれの“夢”“個性”“絆”があります。サッカーを愛するプレーヤーが、全国やそれぞれの地域に情報を発信できる舞台。
 JFLは、そのようなリーグとなることを目指しています。